診療時間 10:00~13:00/14:30~20:00(土 ~18:00/日・祝 ~17:00) 休診日 水曜・第2第4日曜(土日・祝日も診療)

〒814-0002
福岡市早良区西新1-7-25 ホワイティ西新1階

0120-648-711

福岡市インプラント・審美歯科・矯正歯科

インプラント治療

お問い合わせ
FUKUOKA SJCD
西新審美治療NAVI 監修 さかまきデンタルクリニック
レディカル福岡
デザイン名刺.com 可愛くておしゃれな名刺を持ちませんか?
HOME»  インプラント治療

インプラントについて

インプラント治療とは、歯を失った患者様に対して顎の骨に穴を開け、チタンなどの金属でつくられたネジの様な人工歯根を植え込み、歯冠部を人工歯根にかぶせて自分の歯のかわりにするという治療法です。
『第二の永久歯』などという呼ばれ方もあり、自分の歯その物の感覚で過ごして頂けます。
今までの「入れ歯」や「ブリッジ」などと違い色々な障害も解消され、自分の歯と同様に噛み心地や味覚、発音などを取り戻すことができるでしょう。

インプラントのメリット

  • 歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要はありません。
  • たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、噛む力を支えなければなりません。この噛む力はとても大きなものです。インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合性(噛む力)による負担が少なくなります。
  • 奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取り外されないで済むブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

インプラント治療後に他の歯が悪くなった場合は?

たとえ周りの歯が悪くなって抜けてしまっても、その部分に新しくインプラントを植立し、上部に装着する人工の歯を追加することで、再び本来の機能や美しさを回復できます。

従来の治療法との違い

歯を1本失った場合

従来
周りの健康な歯を削ってブリッジにします。
インプラント
健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを埋入します。

歯を数本失った場合

従来
入れ歯を固定するため、健康な歯にバネをかけます。違和感がありバネをかけた歯に負担がかかります。
インプラント
歯のない部分にのみインプラントを埋入しますので、歯に負担をかけません。

歯を全て失った場合

従来
総入れ歯を作製し、歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。
インプラント
インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく安定します。

インプラントのQ&A

費用はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は現在保険治療が行えません。
使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。
インプラント治療は誰でも受けられますか?
顎の骨が完成する20歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。
ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。
一度入れたインプラントに寿命はありますか?
患者様のお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。
インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?
インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となるので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。

さかまきデンタルクリニックでは、SJCDにより最新技術を取り入れ手術を行っています。

SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)による活動で、当院では最新技術の習得、医療の向上に向け日々努力しております。よりよい歯科治療の提供を日々心がけておりますので、皆様安心してご来院ください。

SJCDについて

SJCDは、日本でトップの会員数を誇り、世界でもトップ3に挙げられるスタディーグループです。
「インプラント、GBR、審美等を含む歯周・外科・矯正・補綴という代表的な治療技術を高度なレベルで専門的に連携させ、一口腔単位を総合的に捉えながら治療ゴールを目指す。」という、“インターディシプリナリー・アプローチ”をコンセプトに掲げる、国際的なスタディーグループです。

24時間 メールでのお問い合わせ

TOPへ戻る